岡山県倉敷市真備町川辺2000番地1

TEL:086-698-2248

倉敷市 まび記念病院 内科 外科 胃腸科 小児科 眼科 整形外科

病院理念・基本方針・病院の概要




 
  • 北館(介護・福祉・健康増進)
  • 箭田クリニック
  • デイサービス
  • サービス付き高齢者向け賃貸住宅
  • ヘルパーステーション
  • ケアプランセンター
  • 訪問看護ステーションあんど

個人情報保護方針

医療法人和陽会 むらかみクリニック

病院理念・基本方針

病院理念

全人的で温かな切れ目のない医療を提供し地域医療に貢献する

基本方針

  1. 患者様の権利を尊重し、インフォームド・コンセント(説明と同意)に基づいた安心と満足される医療を提供します
  2. 全職員が医療人として自己研鑽に努めます
  3. 院内の各部門が相互に協力し(チーム医療)安全な医療を目指します
  4. 地域の中核病院として医療機関、介護施設等との連携を図り、地域の方々の健康増進に努めます

病院の概要

病院名
医療法人 和陽会 まび記念病院
理事長
村上 和春
診療科目
  • 内科
  • 外科
  • 胃腸科
  • 小児科
  • 眼科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 肝臓内科
  • 放射線科
  • 人工透析内科
  • リハビリテーション科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
病床数
許可病床数 80床
一般病床 60床
地域包括ケア病床 20床
所在地
〒710-1313
岡山県倉敷市真備町川辺2000番地1
TEL
086-698-2248
FAX
086-698-2065
休診日
土曜日午後 日曜日 祝日 年末年始 創立記念日(11/1)
※但し、急患はこの限りではありません

沿革
平成20年(2008年)11月 「むらかみクリニック」 開設
平成22年(2010年)11月 「まび記念病院」 開院
平成23年(2011年) 7月 外来電子カルテ稼働
平成24年(2012年)10月 「訪問看護ステーションあんど」(訪問看護)オープン
平成26年(2014年) 3月 倉敷市真備町川辺2000番地1へ新築移転
             電子カルテシステム更新
平成26年(2014年)10月 地域包括ケア病床開設(8床)
平成27年(2015年)11月 サービス付高齢者向け住宅「あんど箭田(やた)」オープン
平成27年(2015年)12月 「箭田(やた)クリニック」オープン
             「デイサービスセンターあんど」(通所介護)オープン
             「ヘルパーステーションあんど」(訪問介護)オープン
             「ケアプランセンターあんど(居宅介護支援事業所)」オープン
平成28年(2016年) 4月 地域包括ケア病床増床(20床)
平成28年(2016年) 8月 北館増築
平成28年(2016年) 9月 サービス付高齢者向け住宅「あんど川辺」オープン
             「ショートステイあんど」(短期入所)オープン
             「通所リハビリステーションあんど」(通所介護)オープン
             「ナーサリーあんど」(保育園)オープン
             「メディカルフィットネスあんど」オープン

病院機能評価

当院は、平成22年11月に、公益財団法人日本医療機能評価機構により病院機能評価認定病院(バージョン6.0一般病院)として認定を受けていました。平成27年5月に更新受審をし、病院機能評価認定病院(機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0)と認定をされました。
(認定期間:平成27年5月30日~平成32年5月29日)


(認定証をクリックすると拡大して表示されます)

<審査内容>
  患者中心の医療の推進
  良質な医療の実践
  理念達成に向けた組織運営

これらに関して、機構による書類及び訪問審査を受けその結果、認定基準に達していると認められ新しい認定証が交付されました。 今後とも皆様に安心して安全で質の高い医療が提供できるよう、職員一同努めてまいります。今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。

 

マンモグラフィ検診施設画像認定


(認定証をクリックすると拡大して表示されます)

 

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会とは

特定非営利活動法人 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会(以下 精中委)は、マンモグラフィの精度管理について検討し、その管理運営を行うことを目的とし、日本乳癌検診学会理事会において設置されました。

精中委では・・・

  1. 医師・技師に対して診断精度を保つための教育研修を目的にマンモグラフィ講習会を開催している。
    また一定の基準に従って評価を行い、試験成績認定証を発行しています。
  2. マンモグラフィ検診施設に対して、画像・撮影技術・放射線線量の評価を行い、その結果、施設基準に合格した施設には施設画像認定証を発行しています。
     

中国四国厚生局への届出事項に関する事項

(1) 基本診療料の施設基準等
  • 急性期一般入院料1
  • データ提出加算1
  • 地域包括ケア入院医療管理料1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 入退院支援加算
  • 急性期看護補助体制加算(25:1)
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • 医師事務作業補助体制加算2(20:1)
  • 栄養サポートチーム加算
  • 療養環境加算
  • 総合評価加算
  • 認知症ケア加算2
  • 医療安全対策加算2
(2) 特掲診療料の施設基準等
  • 糖尿病合併症管理料
  • ニコチン依存症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • CT撮影及びMRI撮影
  • がん治療連携指導料
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)
  • 薬剤管理指導料
  • コンタクトレンズ検査料1
  • 在宅療養支援病院(14-2-1(2))
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 在宅がん医療総合診療料
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • がん患者リハビリテーション料
  • 手術の通則の16に掲げる手術
  • 人工腎臓
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 無菌製剤処理料
  • 地域連携診療計画加算
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 下肢抹消動脈疾患指導管理加算
  • 輸血適正使用加算
  • 画像診断管理加算1
  • 医療機器安全管理料1
PAGE TOP

COPYRIGHT © MABI MEMORIAL HOSPITAL All Rights Reserved.